一般財団法人 太平洋戦全国空爆犠牲者慰霊協会
慰霊協会 概要   
設立目的 慰霊塔を護持し、全国の空爆犠牲者を追悼し、平和を祈念する。
     
設立の経緯 昭和22年 1月18日 全国戦災都市連盟設立
  ・会長 姫路市長 石見 元秀
  ・加盟 113自治体(戦災復興事業都市として国の指定を受けた自治体)
昭和27年 5月17日 太平洋戦全国戦災都市空爆犠牲者慰霊協会設立
昭和34年11月24日 全国戦災都市連盟解散
昭和57年 8月 6日 財団法人 太平洋戦全国空爆犠牲者慰霊協会設立    
平成25年 4月 1日 一般財団法人 太平洋戦全国空爆犠牲者慰霊協会設立
  ( 同  日 ) 財団法人 太平洋戦全国空爆犠牲者慰霊協会解散
加  盟 107自治体 内訳:1都(23区)、103市、3町 (※現在、合併により、113→107 へ)
役  員 理  事     3名 代表理事:姫路市長(石見 利勝)
理   事:神戸市長、明石市長
監  事    2名 銚子市長、伊勢崎市長
評議員          3名尼崎市長、西宮市長、芦屋市長
会  員         99名
慰霊協会の設立
昭和27年 4月 8日 全国戦災都市連盟(昭和22年戦災復興も主たる目的として結成)第24回役員会で『太平洋戦全国非戦闘員空爆犠牲者総供養塔』建設の提案。
趣旨『太平洋戦争中における空爆その他による犠牲者にして、軍人軍属以外の死没者を敬弔供養してその霊を慰めるとともに、世界の恒久平和への悲願を表象する。』
昭和27年 5月17日 全国戦災都市連盟第10回定期総会(福井市)の後、太平洋戦全国戦災都市空爆犠牲者供養協会創立総会の開催(加盟113都市)。供養塔の場所を姫路市に決定。
昭和27年 6月13日 役員会で『供養塔』を『慰霊塔』に変更。従って、名称も『太平洋戦全国戦災都市空爆犠牲者慰霊協会設立』となる。事務局を姫路市に置く。
 
慰霊協会の改組
                                 
昭和56年11月 6日 慰霊協会の再編、強化(法人化)について協議。
昭和56年11月27日 財団法人『太平洋戦全国空爆犠牲者慰霊協会』設立準備会開催
昭和57年 6月 9日 財団法人『太平洋戦全国空爆犠牲者慰霊協会』設立発起人会
昭和57年 7月15日 財団法人設立許可申請
昭和57年 8月 6日 財団法人設立許可
昭和57年 8月19日 財団法人『太平洋戦全国空爆犠牲者慰霊協会』登記(加盟109都市)
平成23年 6月 5日 一般財団法人への移行を決議
平成24年 9月 5日 一般財団法人設立認可申請
平成25年 3月21日 一般財団法人『太平洋戦全国空爆犠牲者慰霊協会』設立認可
平成25年 4月 1日 一般財団法人『太平洋戦全国空爆犠牲者慰霊協会』登記(加盟107都市)
  

一般財団法人 太平洋戦全国空爆犠牲者慰霊協会
事務局 〒670−8501
 兵庫県姫路市安田四丁目1番地
(姫路市健康福祉局保健福祉部地域福祉課内)
TEL (079)221−2303
FAX (079)221−2946
トップページ